Guitar Player

永久脱毛をするために制限されるもの

永久脱毛をするためには色々な制限があります。1つは年齢制限です。16歳未満はホルモンバランスの関係で新しい毛がまだまだ生えてくる可能性があるため施術できません。他にも日焼けをしてはいけません。肌に光を当てて、熱を帯びるわけですから、日焼けしている肌には照射できないのです。脱毛はメラニン色素の黒色に反応して光が反応するので、肌自体に反応して炎症を起こしてしまう可能性があるそうです。もし、日焼けしてしまった場合、代謝をうながし、ターンオーバーの促進をしましょう。そして、少しでも早く、日焼けした肌を元の肌色に戻すことによって、脱毛の施術を受けられるようになります。他にも、永久脱毛を始める時には、毛抜きでの脱毛をしてはいけないそうです。毛周期と関係しており、成長期の毛に光を照射することで脱毛に効果がありますので、毛抜きで抜いてしまうことで次の施術の際、成長期の毛に施術することができないというわけです。

妊娠中や、授乳中はホルモンバランスの乱れから、毛周期が変わってきてしまうため施術できません。薬の服用も禁止されており、薬によっては光を吸収しやすくなる薬もあるそうなので、かかりつけの病院に施術可能かどうかを確認することが必要になります。施術後に注意することは、お酒の飲用を控えること、そして入浴を控えることです。どちらも体温が上がってしまうので、施術している肌に炎症を起こしてしまう可能性があるそうです。

|